院長あいさつ

白うさぎ治療院 院長 大野清志 

 

はじめまして、白うさぎ治療院 院長の大野清志です。

 

私自身、高校野球での怪我をきっかけに『医療の道』を志しました。これまで総合病院・スポーツ整形・リハビリテーション科で15年以上勤務し、多くの症例の患者さまを担当させていただきました。当院では痛みで苦しむ高齢者、ゆがみで苦しむ子供の発育、アスリートのパフォーマンス、スポーツ愛好家の健康面、美しい骨格や体型作りと様々なライフスタイルあわせて施術を行っています。

 

現在、来院されている患者さまの多くは整形外科・病院・その他整骨院などでは治療効果が得られずホームページやご紹介で治療を開始された方が大半です。病院に勤務していた時より痛みで困っている方は多くいらっしゃると実感しています。当院では『人の痛みはもっと楽になる』という信念で治療に従事させていただいております。医療機関で『高齢だからしょうがない』と言われても辛くてお悩みの方・治療しても変わらないと諦めている方などお問い合わせ頂ければと思います。

 

白うさぎ治療院では高齢者から幼児まで、幅広い患者さまの苦しみと不安を解消していきたいと思っております。

 

<プロフィール>

■経歴

 さかもとスポーツ&ビューティー治療室 院長

 坂本整形外科クリニック リハビリ科 科長

 としま昭和病院 リハビリ科 科長

 高田整形外科クリニック

 池田整形外科

 

 現在、東京大学陸上部投擲部門トレーナー、学習院大学バトミントン部トレーナー、少年野球フォームコーディネーター

 

■資格

 ・鍼灸師

     東洋医療臨床技術大学 西條式(筑波式)鍼治療認定

 ・メディカルスポーツトレーナー専門士

 ・(一財)日本コアコンディショニング協会(JCCA)

     ベーシックセブン認定

 ・(一社)日本健康予防医学会(JSWPM)

     Level2リアライン・インストラクター認定

 ・ISR(組織間リリース®)

 

※ISR(=Inter-Structural Release)とは…

組織どうしをゆるく結合している疎性結合組織をリリースすることを意図した徒手的治療法です。正常に身体運動を行うため、皮膚、皮下脂肪、筋、腱、靱帯、関節包、骨膜など全ての組織は可動性が必要性であり、隣接する組織との間で可動性を保つ必要があります。しかし、長時間の圧迫、皮下脂肪や筋の増加、炎症、組織損傷、創傷、手術などでこのような疎性結合組織は可動性を失います。リアライン・コンセプトに基づく関節疾患の治療を進める中で、リアラインを実現するためには軟部組織の可動性を取り戻すことが不可欠です。ISRとは、リアラインに抵抗する軟部組織に十分な可動性を取り戻させるための治療技術です。